さくらば ~絆、果たせぬ誓い~

今日はお芝居を観てきました。

「さくらば ~絆、果たせぬ誓い~」 @シアターグリーン Box in Box でした。

「油小路に血の雨が降る」との二本立て上演。

私は諸般の事情で「絆」の方だけの観劇となっています。



物語は幕末新選組の物語。

「油小路」の方は新選組が京都にいたときのお話らしいです。

そして「絆」の方はその後の新選組のお話で、江戸や甲府でのお話でした。

史実と異なるとこはあるのでしょうが、物語としては面白いお話に仕上がっています。

劇中でのアドリブも多く、キャストさんたちの掛け合いも見どころの一つでしょう!

主人公は永倉新八と原田左之助、そしてよく知っている新選組のメンバー達。

近藤と土方の別れのシーンとか周り中で鼻をすする音が、、、ちょっと感動的でしたね!



永倉と原田もまだ新選組に残っていたとして話は進みますが、実際には二人とも新選組を離れ、原田はその後の戦いで亡くなり、永倉は高齢になるまで明治の代を生きたんですよね。

まぁ、そういう現実の話とは異なり、ちょっと突飛な存在も出てきはしますが、物語として面白かったので、そういう設定も有りということにしましょう!

個人的に好きな隊士である、山南さんは亡くなった後のお話で、今回の舞台には出てこなかったのがちょっと残念。。。。

伊藤さんとか藤堂さんが出てきたので、もしかしたら!って思ったんですが、、、出てこなかったですねぇ(^^;)

まぁ、本来この三人は京都を出た後の物語には出てくるはずのない人たちですからねぇ・・・

・・・・それでも、ちょっとは出てほしかったかな(^^)



この舞台には一本鎗希華ちゃんが出演していました。

今回は禿の役でした。

花魁の役もやったことがあるのですが、今回は禿。

私個人的には禿の方が、今ののあちゃんのイメージには合ってるかな(^o^)

ホント可愛かったなぁ(^^♪

可愛いのあちゃん大好きですね(^^)/

現実の禿はホントに童女だから、もうJKののあちゃんの年なら遊郭ではしっかり遊女として勤めを果たす年なんだよね。

そう思うと、、、、なかなか厳しい世界だよねぇ。

そういう現実の話は置いとくとして。。。

隣で観ていたお客さんが、、、、「ほぉ、、、あの子が一本鎗さんか!?」って言ってたのが気になったね。

のあちゃんファンが増えるといいな!!



この物語、設定がファンタジー的なところもあったせいか、、、それとも永倉と原田が主役だったことによるものは、不明だけど。。。

なんか尻切れトンボのような感じがあったかなぁ。。。。

近藤さんの斬首とか、土方さんの函館戦争での戦死とか、もしくは会津戦争の会津側の敗戦とかのような歴史のピリオドを打つようなエピソードで終幕となる物語じゃなかったからね。

この二人を主人公にしちゃうと、ここで終わりにしないとどこで終わりにしていいかわからなくなるのかもしれないんだよね。

それはわかるんだけど、、、、、伊藤さんと藤堂さんの存在はどう始末をつけるんだろう。。。。。とか。

勝と板垣の関係はあれで終わりなの?  とか。

近藤さんはどうなった??? とか。。。

そういう点を置き去りにして幕が降りたような感覚が残ってるんだよねぇ。。。。

観ていて、、、、「え、、、ここで終わりか~い!!!」って思った(^^;)

この点だけが引っかかってるんだよね。。。。。。

まぁ、、、、、面白かったので、、、いいことにしようかなぁ。。。って感じです。





明後日(2/17)(・・・あ、、もう明日になっちゃった!!)まで、池袋のシアターグリーンで上演中です。

都合がつく方は、「油小路に。。。」と「絆、、、」の両方を観ることをお勧めします!!

ちなみにのあちゃんは「絆」の方に出演です。





余談ですが。。。。。

2/15中にUPできると思ったんだけどなぁ。。。。。

間に合いませんでしたm(u_u)m





さらに余談ですが。。。。。

のあちゃんの出番、思ったより少なかったんですが、、、、めっちゃ可愛いのでOKってことにしました(^^)/

そうそう!のあちゃん殺陣もできるので、次回は殺陣のある役まわしてください!!

美少女剣士てのもありでしょ!!?





もひとつ余談ですが。。。。。

終演後チェキ撮れるんですが、チェキは開園前だけ購入できますので、開演前にチェキの申し込み忘れずにしてください!!!

・・・ここだけの話「一本鎗希華」って、、字、、難しいですよね!?

私は書けないので、私に聞かないでくださいね(^^;)(^^;)(^^;)

EN6ywKvUwAI6yDz.jpg

EN6ywLXUwAwY_bS.jpg

EOjzCbWUYAEmnFw.jpgEOjzCbWUYAEmnFw.jpg

この記事へのコメント